労働保険事務組合

サービス内容

労働保険の一定の事務(雇用保険の取得、喪失、離職票の作成、労働保険料の確定申告など)を事業主に代わって行います。名古屋中青色申告会ではインターネットをフル活用して労働保険事務を代行いたしますので迅速かつ便利な対応が可能です。具体的には、公文書(雇用保険被保険者証、離職票など)をPDFにて提供できるようになったため、従来の紙ベースの手続きと比較して、書類提出からお渡しまでのタイムラグが解消されました。もちろん、PCがあまり得意ではない事業所については、紙ベースにて対応しております。 関連記事

メリット

  • 労働保険料の申告・納付などの労働保険事務を事業主に代わって処理しますので事務の手間が省けます
  • 労働保険料の額にかかわらず3回に分納できます
  • 労災保険に加入することができない事業主や家族従事者なども、労災保険に加入することができます
  • 雇用保険の取得、喪失、離職票など、ご希望の事業所様にはメールなどによりPDFで提供できます。

料金

会員価格 事務手数料(年間) 12,000円
取扱人数1人につき(年間) 500円
非会員 事務手数料(年間) 27,000円
取扱人数1人につき(年間) 500円
新規加入時手数料 (詳細は当会規定による) 1回 3,000円

申し込み方法

次の書類が必要になります。

事業主を確認できるもの(コピー可)

  • 法人事業・・・登記簿(全部事項証明書)
  • 個人事業・・・事業主の住民票または運転免許証

実際に事業を行っている場所の確認できるもの(いずれか一つ・コピー可)

※会社名と所在地の明記されているもの

  • 建物の賃貸借契約書
  • 事業を行うための許認可届出書(営業許可書など)
  • 事業開始等申告書、給与支払事務所の開設・移転・廃止届出書
  • 公共料金領収書(NTT、電気、水道、ガスなど)

被保険者の雇入日、労働条件の確認できるもの(いずれか一つ・コピー可)

  • 労働者名簿
  • 社員名簿
  • 出勤簿(タイムカード)

※パートタイマーや契約社員等、労働契約を結ばれている従業員がいる場合は、上記資料のほかに雇入通知書・雇用契約書などのコピーが必要となります。 ※年度を越えて遡って被保険者となる場合は、上記資料のほかに、賃金台帳(給料明細書)などのコピーが必要となります。

雇用保険の被保険者証

「雇用保険被保険者証」を所持している方は資格取得届に添付してください。 ※番号不明の場合、前の勤務先の名称等をわかる範囲で調べておいてください。

銀行印・口座番号

保険料と事務委託料を引き落とす口座の登録が必要です。

社印

個人事業の場合は、事業主の印鑑(種類は問いません)

その他

  • 法人、個人を問わず、事務委託できます
  • 事務委託料は割安に設定されております
  • 一人親方のお取り扱いはしておりません

 

もっと詳しく聞きたいなぁって方は