経理のほとんどを自分で処理できるのに年会費15,000円も支払うのはもったいない気がしますが、どうですか?

青色申告会では経理実務の相談がメインの業務です。職員の顔を会員であればわかっていると思います。顔の見えない一般的なサポートセンターよりお気軽に相談できるのではないでしょうか。

経理を自分ですべて処理して、わからないところを本・ネット・詳しい身近な人などに聞いたりして解決すればいい、という方もおられるかと思います。しかし、どうしても微妙にずれた内容になったり、なかなか正解にたどりつけないケースも散見されます。

直接売り上げアップに貢献しない経理にコストをなかなかかけられないよ、というのも現実ですが、年間15,000円で時間的なコストが削減できると考えられるなら、むしろ「オトク」と割り切ってはいかがでしょうか。もちろん会費は必要経費(諸会費・租税公課)になるというメリットもあります。

具体的には、減価償却費の計算で、ネットで3時間くらいかけて調べたけど、結局よくわからなかった、という方の処理の相談で、3分くらいで終わってしまったケースもありました。

個人事業主はどうしても孤独になりがちです。やはりお気軽に相談できるところを作っておくことは事業を継続していくうえで必要なことかもしれません。


お気軽にご連絡を


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です